親のことがわからないという方に…

親の人生を知る講座

いざ親の介護を始めてみると、親のことをほとんどわかっていないことに気づきます。

一日の過ごし方。一週間の過ごし方。

好きなもの。嫌いなこと。近所とのおつきあいは、どんなふうにしているの、等々。

また、あなたが子どもだった頃の親子の出来事も、

親子それぞれが、実は異なる感情で受け止めていることがあります。

だからこそ、昔もいまもひっくるめた親のことを知らないと、

親の介護はちょっと難しいものになってしまう可能性があるのです。

それぞれの思いを整理する意味でも、

親の人生を知ることは大切なことなのです。

 

■10の思い出でつくる自分史講座

思い出話を聞いて、「大切な人」の自分史をつくりましょう。

10の思い出と10枚の写真があれば、心の軌跡をたどることができます。

あなたが介護している大切な人のこと、

どれだけわかっていますか。

その人にも、上り坂や下り坂があったはず。

まっすぐな道も、曲がりくねった道もあったはず。

そしていま、その人の心の中にはどんな風景が広がっているのでしょう。

歩んで来た道のりを聞くことで、明日への思いもわかるかもしれません。

 

 

●講座内容

写真とお好みのアルバムをご用意いただき、アルバム型自分史づくりを行います。完成まで、何度でもお受けいただけます。

 

●1回あたりの費用と時間

4,320(材料費含む。税込)/2時間

 

●お申し込み/下記「お申し込み」フォームよりお申し込みください。

 

 

[メッセージ]

これまでの人生から10のエピソードを選び出すのは、

かなり大変な作業です。

でも、これはかなりやりがいのある作業。

古いアルバムを引っ張り出して、

写真を見ながら昔を思い出すだけでも脳の活性化になります。

また、すべてのアルバムを見直して、

大切な写真を選び出してしまえば、

それ以外の大量の写真を処分する決断もしやすくなります。

 

なお、受講者にはアルバム整理に関するヒントもお伝えいたします。

■親ブック 活用講座

たまにはゆっくり、親子の時間。

あなたも「親ブック」しませんか。 

親ブックは、高齢者と家族の新しいコミュニケーションツール。

親についての情報をひとまとめにしておけるノートです。

日常生活や趣味・こだわりなどを書き込んでおけば、

将来的に看病や介護が必要になった時、

なにかとヒントを得ることができます。

 

●講座内容

専用のツール「親ブック」を使って、書き方と活用方法をお伝えします。

 

●1回あたりの費用

4,320(材料費含む。税込)

 

●約2時間

 

●お申し込み/下記「お申し込み」フォームよりお申し込みください。

 

 

[メッセージ]

親のことというのは、知っているようでよく知らないもの。

とくに、離れて暮らしている場合は帰省した時などにしか

話さなくなり、必要最少限のやりとりになりがちです。

でも、何かあった時、情報があるのとないのとではまったく違います。

親は食品をどこで買っている? 洋服は?

町内で親しくしてもらっている人はだれ?

親の幼なじみで今も交流があるのは何人?

親の最近の体調や、生活のスタイルは?

……。

意外とわからないものですよね。

わからないから、知りたい。

でも、何をどう聞けばいいかわからない。

それに、きっかけがないと、ちょっと照れくさい。

そんな方に、この親ブックをおすすめします。

● お申し込み ●

すべての項目にご記入の上、送信ボタンを押してお送りください。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

お申し込みメール到着後、原則24時間以内に返信をさしあげます。

返信メールにて詳細をお伝えし、日程を調整させていただきます。