一般 · 2018/10/04
お寺の報恩講に行って来ました。 そのお寺には父のお骨が納められています。 そこに行けば、父を感じることができます。 ご先祖さまから続く自分の命を確かめられます。 ● 読経の後、特別法話として三橋尚伸先生のお話がありました。 そのお話の中で考えさせられたのは、近年の散骨の流行のこと。 故人の遺志を尊重して散骨した後、...

自己肯定感 · 2018/10/03
いま、私は「認知症」「自己肯定感」「自分史」をキーワードに、 書くことや講座をすることを展開しています。 それは、親の認知症をきっかけに、自分が認知症について知りたいと思い、 できればイライラしない介護をしたいと考え、 そのための勉強をするうち、 多くの人がもつ認知症についての誤解を解いて、...

認知症 · 2018/10/02
今日は母の通院日。月に一度、駅のそばの医院までお供します。 10時半頃に迎えに行き、タクシーで医院の前まで。 途中、家のそばを通るので、「帰りたい」とか「寄って行きたい」と 言うかなぁと思うこともありますが、 意外にもそれはないので助かります。 診察が終わると、医院と同じビルの1階にある薬局で薬をもらいます。...

自己肯定感 · 2018/10/01
先週末に急に決まったクラス会が、今日、開催されました。 高校時代の同級生、5人。 その中の一人(女性)が、ずっと抱えていた問題が解決し、新しい景色の中を歩むようになったお祝いです。 結婚生活の半分以上をその問題と向き合い続けて来た彼女は、 事態の急展開にとまどいを感じながらも、 これまでの自分より、いまの自分が好きだと言っていました。...
認知症 · 2018/09/21
ホームの併設カフェにて、敬老の日の100歳のお祝いに遭遇。

自己肯定感 · 2018/08/08
ある講演会を聴きに行って、スライドの中にあった「蒔かない種に芽は出ない」という言葉に出合いました。 「明けない夜はない」や、「やまない雨はない」などに似てはいますが、ちょっと違うのは、「蒔く」という行為は意思があってこそできること。とにかく小さくても行動を起こそうということです。...

認知症 · 2018/08/03
先日、母の補聴器の調整に行ってきました。 認知症が少しずつ進んでいるので、 検査室でスタッフとふたりになった母が 言われた指示が理解できているのかなぁとか、 その指示通りに反応しているのかなぁとか。 心配でしたが、残存能力を信じて待っていました。 検査を終えると、カウンターのところで、 補聴器をパソコンにつないで音域や音量を調整。...

一般 · 2018/08/03
このブログは、「ターブル・オランジュ」主宰の中田有博によるものです。「自分史」「自己肯定感」「認知症」に関するパーソナル講座を展開している中で感じたこと、発見したことなどを書き留めてみたいと思います。